つい最近読んだ本、又吉直樹さんの火花

火花 (文春文庫)
又吉 直樹
文藝春秋
2017-02-10


又吉直樹さんが新作の劇場を出したので、前作を読もうかなとふと購入しました。

既に文庫本は出ているのですが、あえて単行本を買いました。

ここは好みですが、私は単行本の方が好きですね。

理由は、

1.質感、デザイン

2.保存期間

3.スピンがついている


1ですが、単行本独特の表紙素材、また裏表紙も凝っていることが多いですね。

特にハードカバーはいいものです。

2については、売る場合は関係ないのですが保存する場合は重要になりますね。

私はあまり売る派ではないので、ここも重要になります。(つまらなすぎて売るものもあるけど)

3は普通に便利です。スピンとはしおり替わりに使える紐のことですね。

ただ文庫本にはあとがきが書いてあることがあり、それを読みたければ文庫本一択ですね。

僕は特に気にしない(笑)


感想はで過去記事で述べたのですが、ドラマもあるので先日見てみました。

いやー、感動しました。

スパークスが10年やってきた漫才をやめ、解散する。

10年間若い時からお世話になった小さな事務所に報告するときや、最後の解散ライブは泣けました。

また、神谷の役もあってましたね。

スパークスの相方山下の印象は良い意味で少し違いました。

人間味あふれるいいドラマだったと思います。

不安定ではあるが、神谷や徳永のような生き方をした人は人生でとても印象に残り、後から考えた時にいい思い出になると思います。



本題ですが、


やっとTOEIC試験申し込みました!


試験日は6月25日㈰です。

英検3級すら受かったことのないやつがTOEIC試験挑戦です。

どうなんですかね。

たぶんボロボロすぎて泣きますけどやってみましょう!

今、中学の参考書で勉強していますが頑張りましょう!

…書けば書くほど絶望的な状態ですが受けるだけ受けます。

目標は300越えですね。

マークすれば普通とれるけど(笑)

冗談じゃなく本当に英語苦手で英検3級落ちたことあります。

この実力からどれくらい点がとれるか実験的に試してみたいですね。

英語苦手な方の励みに慣れればいいです。

絶望与えるかもしれませんけど(笑)


怖いなー。


英語看板




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村