本当に英単語の暗記が嫌いだ。

学生時代、英単語の暗記のせいで英語を嫌いになったようなものだ。
本当に英単語学習が嫌すぎる。

中学英単語すらやらずに今まで来たものだから本当にきつい。

中学時代このターゲットを買って受験勉強しようとしたが、2ページぐらい開いてやめた経験がある。
懐かしく思って、本棚から取り出してみた。
デザインはだいぶ変わっている。
僕の持っているのは青いデザインのやつだ。
ちなみに2ページ目までに書かれている単語はyou,is,aなどだ。
つまり、そこらへんでやめるレベルだ。
流石に単語の意味はわかるが、やる気がしない。
例えこれだけ簡単であろうと、勉強する気が失せるのだ。
何が言いたいかと言うと、単語帳が嫌いだったと言うことだ。

そもそも、英語が日本語とかけ離れすぎていて本当に嫌になる。
例えば中国語などは日本語と似ているため、学習しやすいだろう。しかし、英語は語順やスペルなど全くといっていいほど違う。
特に語順が違うのが痛すぎる。
大雑把にいうが、
動詞が最後にくる日本語と、動詞が主語の次にくる英語ではまるで使う頭が違いすぎて、ごちゃごちゃになる。

今、英単語の勉強をしている。
最初馬鹿みたいに(実際馬鹿だが)意味を全て覚えようとしていた。
すぐ無理だと気づいて、やり方を変えた。
英語上達完全マップに書いてある通りに、例文の中に出てきた意味だけを覚えるようにした。
それでもかなりきつい。

英単語
というものが拒絶反応が出るくらいに嫌らしい。

高校時代、数学の公式を暗記してテストに臨む同級生がいた。
もちろん彼は赤点だった。
なんせ公式は暗記するものではないからだ。もちろん暗記して、当てはめて答えられる問題もあるが、応用問題には歯が立たない。
理解をしていないと全く意味がないのだ。

数学のように公式を解法して、理解し、暗記する必要がないようにするにはどうすればいいんだろう。
英文から覚えればいいのか?
でも正直それも暗記さほど変わらない。
暗記が嫌いすぎる。

数学はほとんど暗記がないためとても楽しかった。
一方の英語はどうか?
全てにおいて暗記だ。

科目で表すなら、英語は本当に合わない科目ナンバーワンだと思う。

しかし、プログラミングなどをやる時でも英語は不可欠だ。
また、今はグローバル社会なんて言われているくらいだから、コミュニケーションのツールとしても英語が必要だ。
結局通る道だ。
やんなきゃいけない。

はあ。
英語圏に生まれていればなあと本当に思う。

そしたらここをすっ飛ばして、他のことができるのに。

以上単語勉強してて思ったことでした。
めちゃくそな殴り書きすいませんでした。
後で消すかも知れん記事なのでよろしゅう。

さいなら。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村